やまね歯科・矯正歯科クリニック

MENU
Web予約はこちら

小児歯科

Occlusion

小児歯科Occlusion

大切なお子様の歯の健康を守るためにも、定期的な来院による健診が重要です。

小児歯科

乳歯の重要性

乳歯は丈夫な永久歯が生えるための準備の役割や、永久歯を正しい位置に導く役割があります。また、あごの成長や知能の発達、正常な噛み合わせにも影響を与えます。

生えたての歯はとてもデリケートです

永久歯の生えたての時期は、歯の質がまだ未熟でもろく、また摩耗していないため噛む面が複雑であり食物残渣がたまりやすい形態のためむし歯になりやすいです。

また、乳歯にむし歯があると永久歯もむし歯になるリスクが高まります。お子様の歯に異常を感じたら、お早めにご相談ください。

むし歯になりにくい歯へ

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、むし歯菌はいないと言われています。しかし、むし歯になるのは、スキンシップなどを通じて周囲の大人からお子様のお口にむし歯菌が移り、むし歯に感染してしまうためです。そこで、むし歯になりにくい歯にするために日々の生活習慣を心がけることが大切です。

お子様の歯の健康のために意識すべき点

  • 歯を磨けない場合にはうがいをする
  • お菓子(飴なども)をだらだらと食べない
  • おやつは噛み応えのあるものに、飲み物はスポーツドリンクは控える

むし歯の予防

歯磨き指導
1.歯磨き指導

お子様が歯磨きを好きになるように丁寧に指導いたします。むし歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら、歯科衛生士がわかりやすく指導します。

フッ素塗布
2.フッ素塗布

萌出したばかりの乳歯は歯質がまだ脆弱なため、歯の表面にフッ素を塗布することにより、唾液中に含まれるミネラルを取り込みやすくすることで再石灰化を促進します。

シーラント
3.シーラント

むし歯になりやすい奥歯の溝の部分にプラスチックを流し込み、むし歯の予防をする処置です。歯を削らずに行えるため、痛み無く治療できるのが特徴です。

pagetop