やまね歯科・矯正歯科クリニック

MENU
Web予約はこちら

矯正歯科

Orthodontic

矯正歯科Orthodontic

矯正歯科とは

矯正歯科とは、一般的には悪い歯並びをきれいに治す治療のことをいいます。
矯正治療により審美的な改善を行うことはもちろんですが、歯並びを改善することで、歯磨きがしやすいお口の環境になり歯の寿命を延ばすという予防的な効果も持ちあわせています。
また、食べ物を前歯でかみ切ったり奥歯で噛み砕く機能(そしゃく機能)の向上や発音障害の改善にもつながります。さらに、成長期のお子様には、あごや顔の適切な成長発育を促すことで、不正咬合(出っ歯、受け口など)の改善を行います。

お子様の矯正(小児矯正)

お子様の矯正(小児矯正)は、あごの骨のバランスや大きさを整える「1期治療(骨格矯正)」と、永久歯が生えそろってから歯の位置を整える「2期治療(歯列矯正)」の2段階からなります。

第1期治療

乳歯と永久歯が混じった時期からの治療で、主にあごの成長を利用し治療を行います。(6歳~12歳ごろ)
6歳よりも前から治療を行ったほうがいい場合もありますので、お子様の歯並びで気になることがあれば早めにご相談ください。

第2期治療

歯の1本1本に装置をつけ、歯の根までコントロールして最終的な咬み合わせをつくります。(12歳ごろ~成人)

大人の矯正(成人矯正)

永久歯に生えそろった方を対象とするのが成人矯正で、「2期治療」ともいわれます。矯正治療に年齢は関係なく、患者様のライフスタイルにあわせてさまざまな治療法をご提案いたします。

不正咬合の種類

上顎前突(じょうがくぜんとつ)
上顎前突(出っ歯のこと)

上の前歯が前面に傾斜して生えている状態です。または下の歯全体が後ろに位置することでも出っ歯に見えます。口が閉じにくく、いつもお口が開いた状態で、むし歯にもなりやすいです。顔を強打したときに歯が折れやすくなります。

下顎前突(がかくぜんとつ)
下顎前突(受け口のこと)

出っ歯とは逆に、上の前歯より下の前歯が前面に出ている状態です。上のあごが小さい、もしくは下のあごが大きいことで起こります。うまく食べ物が噛み切れなかったり、滑舌が悪くなる原因となります。

叢生(そうせい)
叢生(そうせい)

歯がでこぼこに並んでいる状態のことをいいます。この状態は歯磨きのときにブラシが歯に届きにくく歯垢が残りやすいため、むし歯や歯周病の原因になります。

開咬(かいこう)
開咬(かいこう)

奥歯で噛んでいても前歯がかみあっていない状態のことです。発音が悪くなったり、前歯でものを噛み切ることが難しくなります。舌の癖や指しゃぶりの癖が原因で起こることがあります。

過蓋咬合(かがいこうごう)
過蓋咬合(かがいこうごう)

上の歯が下の歯を覆ってしまうほど深く噛んでいる状態をいいます。口が開けづらく、口を開けるときに音がしたり痛みがあるなどの顎関節症を引き起こすことがあります。

交叉咬合(こうさこうごう)
交叉咬合(こうさこうごう)

上下の噛み合わせが横にずれている状態をいいます。左右の下あごの成長に差が出ることにより顔が歪んでしまう場合があります。

空隙歯列(くうげきしれつ)
空隙歯列(くうげきしれつ)

歯と歯の間に隙間がある状態です。これはあごの大きさに対して歯が小さいことや舌の癖のほか多くの原因が考えられます。隙間から息漏れが生じるのでサ行・タ行の発音が悪くなります。

矯正歯科治療の流れ

カウンセリング(無料)
1.カウンセリング(無料)

歯並びの状態とおおまかな治療期間、方法、費用についてご説明させていただきます。

検査・診断
2.検査・診断

口腔内写真・顔面写真撮影、レントゲン撮影、歯型などの検査を行い、それをもとに診断を行います。

治療計画の説明
3.治療計画の説明

検査結果のご説明と、具体的な治療期間、方法、費用、使用する装置についてご説明させていただきます。

治療開始
4.治療開始

矯正装置をつけて、治療を開始いたします。

pagetop